悪化すると

花粉症によるアレルギー性鼻炎

春先となると、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、涙目といった花粉症の症状に悩まされるという方はかなり多いです。その数というのも、日本人の約3割ともいわれ、花粉症は日本人にとって国民病といっても過言ではないレベルに達していると言えます。そもそも花粉症とはアレルギー性鼻炎の一つに数え上げられます。アレルギー性鼻炎には大まかに分けて、二種類あると言われています。一つは花粉が飛び交う季節などに多くみられる「季節性」のもと、もうひとつは、アレルギー性鼻炎の症状が慢性化した「通年性」のものです。「通年性」のものは「季節性」のものが悪化して、「通年性」のものへと、代わる場合もあるので、花粉症は決してぞんざいには扱えないというものです。

花粉症は早期の治療を

花粉症に限らず、アレルギー性鼻炎というものは、その治療が早いほど有効であると言えます。花粉症などの「季節性」のものは、気候に身体が慣れてしまうと、症状が徐々に治まってきますから、治療をされないまま終わってしまう場合がありますが、さきほどもあげたように、これは悪化をすれば「通年性」」のものになってしまう恐れがあるので、その治療を怠るというのは、あまり感心できることではありません。 また、「通年性」ものでは、症状があまりにひどいものには手術という手段をとられることもあるので、「季節性」のものでしたらば、薬による治療でよくなるというケースがほとんどですから、そこで医師に相談をしていたとしてもあまり損ではないというものです。