環境を良くしよう

アレルギー性鼻炎は過剰な免疫反応で起こります

春になると、耳鼻咽喉科に駆けつける患者が急激に増えますが、そのほとんどの人がスギ花粉症に悩まされている人です。 スギ花粉症は、アレルギー性鼻炎を主症状にしたアレルギー性疾患の代表格です。そして、アレルギー性鼻炎は過剰な免疫反応で起こります。 免疫反応は元々、体外から入って来る病原体に対して働く身体の防御システムですが、しばしば、病原体とも言えない物質に対しても反応してしまうことがあるのです。そして、スギ花粉症等のアレルギー性鼻炎も、本来ならば病原体にならないスギ花粉に対して免疫システムが過剰に反応してしまうのです。 アレルギー性鼻炎の場合、免疫システムが過剰に反応すると、ヒスタミン等が放出されて鼻粘膜に炎症が起こることになります。

免疫システムを正常に戻すために

免疫システムを正常に戻すために、腸内フローラが注目を集めています。腸内フローラとは、腸の中にあるお花畑といった意味になりますが、実は腸内細菌のバランスのことを意味しています。 数ある腸内細菌の中でも、乳酸菌等は善玉菌に分類され、毎日乳酸菌を摂取することで腸内フローラを良い状態に持って行くことができると言われているのです。 腸内フローラが改善されると、免疫システムが正常に働き出すことが知られており、アレルギー性鼻炎等も改善していくという報告があるのです。 ですから、アレルギー性鼻炎に悩む人は、効率良く乳酸菌を取り入れることができるサプリメントを探してみると良いでしょう。今なら、インターネットで多くの情報を入手することができます。