症状を抑える為

季節の変わり目に多くなります

アレルギー性鼻炎は、季節の変わり目に症状がひどくなる病気です。特に、春先と秋口に症状がひどくなる人が多いようです。朝夕の急激な気温の変化についていけない人が多いのです。 アレルギー性鼻炎はアトピー性皮膚炎や、喘息、花粉症といった症状と同じ、アレルギーが原因で起こる病気の一つです。鼻が詰まったり、鼻水が出てきたりするのがアレルギー性鼻炎の主な症状です。 アレルギー性鼻炎が厄介なのは、鼻が詰まると、鼻からの呼吸ができないため口呼吸になってしまいます。そうすると、のどに細菌がつきやすくなり、のどの痛みなどのかぜ症状を引き起こしやすくなります。 ですから、インフルエンザなどが流行する時期は、特に気をつけなければなりません。

アレルギー性鼻炎の対策について

アレルギー性鼻炎と診断されたら、定期的に耳鼻科に通いましょう。アレルギー性鼻炎の治療は、主に薬の服用や点鼻薬の使用で治療を行います。薬を服用し、アレルギーの症状を抑え、点鼻薬で鼻の詰まりを改善させるのです。 アレルギー性鼻炎の薬は、ほかのアレルギー症状の薬と同じなので、ほかの症状が同時に出ている人は、その症状も緩和されます。 アレルギー性鼻炎の症状がひどい時は、マスクの着用をすることでだいぶ違います。鼻が詰まっていると、呼吸がしづらく感じるかもしれませんが、のどが乾燥することがなく、細菌が繁殖しにくくなるのでほかの病気を引き起こすのを防ぐことができるからです。アレルギーの原因物質を取り除くことも大事です。